おセンチ症候群。

わたしは、ただ息をしているだけで、なんとなく切なくやるせない気持ちになることが多々ある。特にこれといった理由もなくとも、おセンチモードと呼ぶに相応しい、なんともいえない気持ちに支配されるのだ。

先週、実家のある岡山に帰っていた。そこで、わたしが昔使っていた部屋の、わたしが使っていた勉強机に、昼下がり、風がレースのカーテンを揺らすなか、ひとりポツンと座っているだけで、なぜだか泣きたくなってしまう。

かつて、ここはわたしの部屋だったが、もうわたしの物などひとつもない部屋だ。

10代の頃はちっとも健康ではなく、病気ばかりしていた。死ぬことばかりを考えクヨクヨして、生きていくことの重みに耐えきれず、泣いてばかりいた。いつも本が友だちだった。

わたしはあの頃から成長できているのかな。なんだか歳だけを重ねたような気もするし。好きなものも趣味も何も変わっていない。

わたしは、わたしだけが、何ひとつ変わらず、未だ子供のままのような気がするのに、おじいちゃんは亡くなってしまったし、妹は結婚した。時間はとまってはくれないし、このまま自分だけが取り残されて、ただポツンと部屋に座っているような感覚に襲われた。

昔よりも人と臆せず話せるようになったし、上手く笑えるようになったかもしれないが、この部屋にはまだ生きることに臆病な少女の頃のわたしがいるような気がしてしまう。

岡山に帰ると、いつも、なんともいえないノスタルジーと、そしてもう二度と帰ることのできない昔の思い出と格闘してしまう。

こういった、名付けようもない、心の葛藤(?)をみんなはどうしているのか。いくつになっても、自分以外の世の中の人全員は、上手くスイスイと生きていってる気がするのに、わたしはいちいち色んなことに想いを馳せて、まっすぐな道でも、あえて難しく歩いてしまっているような気がしてしまう。

自分以外の、誰かになりたい。10代の頃、いつもそう思って願うように眠りについていた。

今はそんなことは一切思わないし、自分がいちばんだと思うくらいには自分のことが好きで、自分のことは自分がいちばんよく解っていると思っている。(嫌になることは多々あるけれど、)

だからその点は、大人になってよかったなという、唯一の収穫のような気がする。

はぁ〜生きてるっておセンチ!(;o;)

喫茶店 ホンキートンク

f:id:eri464646:20170604204848j:plain

実家のある岡山に里帰りしてます。

去年までずっと東京にいて、なかなか里帰りできなかったので、大阪に来てからというもの、ちょこちょこと帰ってます(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:eri464646:20170604205047j:plain

妹のおすすめのホンキートンクというレトロ喫茶に行ってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)f:id:eri464646:20170604205224j:plainf:id:eri464646:20170604205157j:plain

ベイクドチーズケーキが美味しい〜〜♫

珈琲もとっても美味しかった。幸せ〜〜♡

f:id:eri464646:20170604205503j:plain

ホッとできるお店です。

「牡丹の間」続き。

アップしました。゚(゚´ω`゚)゚。

最近よく思うことは、小説も含めて、作品を創ったりすることって料理と似ていますよね。食べるのは一瞬かもしれないけれど、その一瞬のために、創り手は寝る間を惜しんで良いものを作るために研究したり、試作しては、これは違うと、あーでもないこーでもないと思い悩んで。

自分の思い描くものが書けなくて少し筆が止まっていました。アマチュアにもスランプはあります。゚(゚´ω`゚)゚。ひー!

とりあえずアイスを食べます。さいきんはミントアイスが大好き(๑˃̵ᴗ˂̵)

f:id:eri464646:20170601052132j:plain

ひと箱を2日で食べ終わるのって食べ過ぎかなぁ。。。

喫茶ソワレ

f:id:eri464646:20170522002307j:plainf:id:eri464646:20170522002356j:plain

それは白昼夢のなかにいるような不思議な時間。

f:id:eri464646:20170522002520j:plain

京都の河原町にあるこの喫茶店は古き良き時代の浪漫を閉じ込めたような雰囲気。暗く透明な碧い色に包まれながらいただく、ゼリーポンチは至福です。

大好きなお店♡

多汗症 (スペース)悩み

最近、毎日、飽きもせず、わたしがYahooで検索すること。それは「多汗症」! 。゚(゚´ω`゚)゚。えーん!

自分のなかの検索ワード、トップ3の中につねに位置している

多汗症(スペース)悩み」。

こうしてブログに書くことすら躊躇うほどに、リアルに抱える悩みです(´-`).。oO

でも、ねぇ、汗をかいたからといって、罪になるわけではないけれど、どちらかといえば神経質なわたしが、気にすればするほど、汗のことを考えれば考えるほど、相思相愛かのごとく出てくる汗(´-`).。oO

気にするからかくんだよ!気にしないのがいちばん!そう言われても、人間だもの(みつを)スッパリと忘れ去ることなんてできないものよ・・・

いつか多汗症の自分を受け入れて生きていける日がやってくるのか。それとも、多汗症が治って健やかな日々が訪れるのを待つしかないのか・・・

嗚呼、多汗症・・・(´-`).。oO

牡丹の間

4月から小説家になろうで執筆している「牡丹の間」の続きをアップしました\\\٩(๑`^´๑)۶////

よかったら、読んでみてください(๑>◡<๑)

執筆のペースがとにかく遅いので、亀のような歩みで進んでおります。今年中に完成できたらいいなぁ。

五月病を誰よりも先取りするの巻き。

熱が出た。咳が止まらず、鼻も出るし、身体が重くて鉛のようだ。横になっても、頭痛や鼻水、咳が苦しくて眼が覚めるし、もはやこの苦しみが自分から去っていく時を待つしか手段はあるまい。五月病を先取りしたような憂鬱に身をゆだねて、眠れぬ夜を過ごします。

30代になって。特に去年の年末から、首が動かなくなったり(今も針に通っている・・)、膝を痛めて階段を上がり降りする際などは、膝をかばいながら動きがスローモーションになっていたりなど、健康面に関していえば、あまり喜ばしくないことが続いている。

特筆すべきは、去年の10月に生理痛のあまりの痛さに失神し、血塗れになりながら救急車で運ばれたことでせうか。とにかく、こういった体調面のトラブルは尽きず、色んな方面から一度お祓いに行ったほうがいいとまで心配される始末。とほほ。。

わたしと生理痛との付き合いは長く、小学校の頃にまでさかのぼって話さないといけなくなる故、その件については長くなるので、またいずれお話ししたく思います。

今は熱にうなされ、ぼんやりした頭で、サンラータン麺やハンバーガーのことだけを、しきりに考えています。

熱があろうと、槍が降ろうとも、サンラータン麺やハンバーガーは食べられるのです。(`・ω・´)キリッ

大食いなので、最近は、少し太ったんじゃない?と言われる回数が増え、さすがに痩せないとやばいかなぁと思い始め、手始めに大好きなハンバーガーを絶ってみようかとこの2週間マクドナルドに行ってません。

あれ、だから風邪ひいたのかも??やっぱり食べ物を我慢するのはわたしには向いていないようです。