五月病を誰よりも先取りするの巻き。

熱が出た。咳が止まらず、鼻も出るし、身体が重くて鉛のようだ。横になっても、頭痛や鼻水、咳が苦しくて眼が覚めるし、もはやこの苦しみが自分から去っていく時を待つしか手段はあるまい。五月病を先取りしたような憂鬱に身をゆだねて、眠れぬ夜を過ごします。

30代になって。特に去年の年末から、首が動かなくなったり(今も針に通っている・・)、膝を痛めて階段を上がり降りする際などは、膝をかばいながら動きがスローモーションになっていたりなど、健康面に関していえば、あまり喜ばしくないことが続いている。

特筆すべきは、去年の10月に生理痛のあまりの痛さに失神し、血塗れになりながら救急車で運ばれたことでせうか。とにかく、こういった体調面のトラブルは尽きず、色んな方面から一度お祓いに行ったほうがいいとまで心配される始末。とほほ。。

わたしと生理痛との付き合いは長く、小学校の頃にまでさかのぼって話さないといけなくなる故、その件については長くなるので、またいずれお話ししたく思います。

今は熱にうなされ、ぼんやりした頭で、サンラータン麺やハンバーガーのことだけを、しきりに考えています。

熱があろうと、槍が降ろうとも、サンラータン麺やハンバーガーは食べられるのです。(`・ω・´)キリッ

大食いなので、最近は、少し太ったんじゃない?と言われる回数が増え、さすがに痩せないとやばいかなぁと思い始め、手始めに大好きなハンバーガーを絶ってみようかとこの2週間マクドナルドに行ってません。

あれ、だから風邪ひいたのかも??やっぱり食べ物を我慢するのはわたしには向いていないようです。